【Photoshop】スフリーンショットの一部分をハイライトさせて説明を分かり易くする方法

手順書を作っている時に、スクリーンショットにクリックする場所を赤い枠で囲っていたのですが、もっと良い方法を思いつきました。

全体的に暗めにして、注目してほしい部分をハイライトさせます。そうしたら結構見栄えが良くなりました。これで赤い枠からは卒業です。

完成イメージ

ただ例を示すだけだとつまらないので、「間違い探しの絵の答え合わせをする」というシチュエーションを例にしてみます

間違い探し – 2番目の絵は1番目の絵とは3箇所異なります。

元の絵
間違いが3箇所ある絵

間違い探しの答え(完成イメージ)

チーズとネズミ(左)、クマの目(中)、バスケットボール(右)

STEP 1: レイヤーをスマートオブジェクトに変換

Phtoshopで画像を開いたら、レイヤーをスマートオブジェクトに変換します。これをすることにより、あとから、加えた変更を元に戻すことができるようになります。

  1. [レイヤー]パネルでレイヤーがアクティブになっている状態で、メニューから[レイヤー]→[スマーテョオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を選択します。
  2. スマートオブジェクトに変換されると、[レイヤー]パネルのサムネイルの右下に、スマートオブジェクトであることを示すアイコンが表示されます。
スマートオブジェクトであることがアイコンでわかる

STEP 2: 選択範囲の作成

効果の対象を絞るための選択範囲を作成します。

選択範囲の作成方法は様々ですが、ここでは、[楕円形選択ツール]を使用しています。

  1. ツーツパネルから[楕円形選択ツール]を選択します。
選択ツール
  1. オプションバーの[選択範囲に追加]を選択します。
[選択範囲に追加]ボタン
  1. 効果を与えたい箇所は、ハイライトさせたいところ以外なので、選択範囲を反転させます。メニューから[選択範囲]→[選択範囲を反転]を選択します。
[選択範囲を反転]を選択する

STEP 3: ハイライト

今、ハイライトさせたい場所以外が選択されている状態です。この状態で選択している範囲の明るさを暗くします。

  1. メニューから、[イメージ]→[色調補正]→[明るさ・コントラスト…]を選択して[明るさ・コントラスト]ダイアログを表示します。
[明るさ・コントラスト…]を選択する
[明るさ・コントラスト]ダイアログ
  1. [明るさ:]をマイナスの値にすると選択範囲が暗くなります。プレビューを見ながら調整しましょう。

「明るさ・コントラスト」補正の適用

「従来方式を使用」を選択すると、「明るさ・コントラスト」は単にすべてのピクセル値を上または下に移動して明るさを調整します。これにより、クリッピングが行われてハイライト部分またはシャドウ部分の画像のディテールが失われる可能性があるので、写真画像に「従来方式を使用」モードの「明るさ・コントラスト」を使用することは推奨できません(ただし、マスクや科学的な画像の編集には効果的な場合があります)。

これでハイライトができました。あとはお好みの形式で書き出しましょう!

モザイクにも応用できる

選択範囲に対して効果を適用しているだけなので、モザイク処理だってできちゃいます。

  1. 選択範囲を作成した状態から、メニューの[フィルター]→[ピクセレート]→[モザイク…]を選択します。
[モザイク…]を選択する
  1. 表示される[モザイク]ダイアログでモザイクをいい感じに調整します。
[モザイク]ダイアログ