ベータ版の macOS Catalina と iPadOS で iPad をサブディスプレイ化する「Sidecar」を試してみよう

普段15インチの MacBook Pro を使っていますが、出先で iPad をサブディスプレイにする際、Duet Display というアプリを使用しています。でもケーブルで接続する必要があったり、Pencil 使えなかったりで不便を感じていました。

そこで、気が早いですが、2019年秋に登場する iPadOS の新機能 Sidecar を試してみました。

2019年秋、iPad OS 登場!

iPadOS は、iOSを基盤としたiPad専用のOSで、2019年の秋にリリースされる予定です。

これまでのiOSとはまるっきり別のOSというわけではありませんが、iPadの大きな画面を、今まで以上に快適に活用できるように生まれ変わります。

追加予定の新機能が多数ある中で、個人的には Sidecar という機能が一番気になっています。

Sidecar とは

Sidecar(サイドカー) は、iPad を macOS のサブディスプレイにするための新機能です。

PC側は、macOS Catalina (バージョン10.15) が必要であり、iPad 側は、iPadOS が必要です。どちらも2019年秋にリリースされる予定です。(Windows では使用できません。)

Sidecar の特徴をあげると、

  • 拡張デスクトップとミラーリングの両方に対応。
  • ケーブル接続でもワイヤレス接続でも繋がる。ワイヤレスは10メートル以内。
  • サブディスプレイ中でも Apple Pencil が使える。当然マウスも使える。

今までは、「Duet Display」というサードパーティアプリでiPadをサブディスプレイ化して使ってきましたが、これからは、追加で何か(アプリやケーブルなど)必要ではなくなるのでとてもありがたいです。

ベータ版で Sidecar を試すための準備

現在、macOS Catalina も iPadOS も正式版のリリースはされていませんので、β版をインストールする必要があります。まず、「Apple Beta Software Program」 というものに登録を行い、Mac、iPad それぞれでベータ版をインストールします。

Apple Beta Software Program への登録

Apple Beta Software Programにアクセスします。

登録が済んでいない場合は[登録]から登録を行ってください。既に登録している方は、[サインイン]をします。

ベータ版 macOS Catalina をインストール

Macでデバイスを登録のページにアクセスし、手順にしたがってダウンロードとインストールを行います。

ダウンロードファイルは約7GBあるので、通信量には注意してください。

ダウンロードサイズはなんと 6.85GB もある。

パブリックベータ版 iPadOS をインストール

iPad の Safari でデバイスの登録のページにアクセスし、手順にしたがってダウンロードとインストールを行います。

Sidecar を使ってみる

macOS Catalina (10.15) と iPadOS (iOS 13) の用意ができたら Sidecar を試してみましょう。やり方はとっても簡単です。

同じ Apple ID でログインする

(ケーブル接続では分かりませんが)無線接続するには、Mac と iPad には同じApple ID でログインしておく必要があります。

Mac と iPad を接続する

ケーブル接続の場合は簡単で、Mac と iPad をケーブルで接続するだけで澄みます。

ワイヤレス接続の場合は、同じ Wi-Fi ネットワーク上に接続し、かつどちらもBluetoothをONにします。

接続が上手くいくと、メニューバーに iPad の形のアイコンが現れますので、iPad を選択して接続します。

Mac 側で iPad の形をしたアイコンをクリックする。
接続が上手くいくと選択肢が増える。
[システム環境設定]に[Sidecar]が加わっている
[Sidecar]ウィンドウ